ダイエット

エアロバイクダイエットはしっかり痩せたい人におすすめ!効果的な有酸素運動も徹底比較!

どうも!Kanataです!

近年、健康ブームもあってウォーキングをしている人をよく見かけます。

手軽に始められるというのも理由ですが、中にはずっとやっているのになかなか痩せないと嘆いている人も。。。

毎日やってるのに痩せない!このまま続けても痩せられるのか不安。。。

なかなか効果が出ないと、このまま続けるべきか迷いますよね?

一番大事なのは継続する事ですが、効果のある有酸素運動を適切な時間やるという事。

ダイエットに有酸素運動は欠かせませんが、どうせやるなら最も効率よく痩せる選択をしたいところ。

正解は人それぞれ違いますが、多くの人におすすめ出来るものとして、最強のながら運動が出来る『エアロバイク』が1番最適です。

今回は、脂肪燃焼に効率の良い運動として、エアロバイクが何故おすすめなのか?代表的な有酸素運動と比較しながら紹介します!

エアロバイクがなぜ最適なのか、すぐに知りたい方はこちら
※途中の記事までジャンプします

ダイエットはどうしても栄養不足になりがちなので予防も大事!

こんな方におすすめの記事です!
  • 代表的な有酸素運動を知りたい方
  • 効果的な有酸素運動を知りたい方
  • エアロバイクを買おうか迷っている方
  • 時間を節約してダイエットに取り組みたい方

ダイエットに効果的な有酸素運動はどんなもの?

効果的と言っても続かなければ意味がありませんよね?
そこで、続けやすく効果も見込める運動は何があるのか1つずつ見ていきましょう!

代表的な有酸素運動
  • ウォーキング
  • ジョギング
  • ランニング
  • エアロバイク
  • スイミング

※下に行くほどカロリー消費は大きくなりますが、エアロバイクは特に負荷レベル調節によってカロリー消費も変わってきます。

どれも有酸素運動として良く知られていますし、毎日やっていると言う人も多いのではないでしょうか?

ジョギングやランニングは長時間するのってかなり大変ですし、継続していくことが難しいです。

強度にもよりますが、この2つはトレーニングに普段から取り組んでいる人向けです。

それぞれ効果のある有酸素運動ですが、時間効率で考えるとウォーキングは消費カロリーが少ない為、痩せるには長時間歩く必要がありました

歩くスピードや力の入れ具合によってもカロリー消費は変わりますし、体調によっても体の動きが鈍かったり。。。

そんな状態で長時間やっても効果は半減します。

スイミングやエアロバイクも体調に左右されますが、ウォーキングと違うのは時間効率を見てもカロリー消費が桁違いという所です。

ただ、スイミングは費用が継続的にかかりますし、普通の人が毎日泳ぎに行くのも難しいですよね?

いつでも出来るという訳ではないので、ダイエット向きではありません。

いつでも出来て、さらに動画や読書にゲームも出来てカロリー消費の高い有酸素運動はエアロバイクをおいて他にはありません。続けやすい『ながら運動』を出来るのが、私がエアロバイクをおすすめする理由です。

ダイエットにおすすめな有酸素運動の特徴

スイミング

既にある程度の筋肉を付けている人には、スイミングが特に効果的です。

きっちりと休まずに泳げるなら、これほどダイエットに向いているものはありません。

しかし、デメリットは意外に大きく、1つ目はスポーツクラブや市民プールなどの利用で費用が高くつく事。

2つ目は、全身運動で強度も高いため空腹になりやすく、運動している安心感から食べ過ぎる人が多くいます。

ここで問題なのはスイミングを辞めてしまった時!

運動をやめた直後は食欲も旺盛で、落ち着くまではかなり危険なデメリットになります。

運動部にいた人が、卒業後に太ってしまったりするのと同じですね。

エアロバイク

エアロバイクは、ウォーキングと同じように誰にでもおすすめ出来て、長期継続がしやすい初心者向きの運動です

設置するスペースがあって、初期投資が出来るなら断然おすすめです。

初期投資と言っても、物によりますが2~3万も出せばそこそこのエアロバイクが手に入ります。

デメリットやメリットはあとで説明します。

>>すぐにデメリットやメリットを見たい人はこちら

ジョギング・ランニング

ジョギングやランニングは、ウォーキングやエアロバイクに比べて足のケアが非常に大事になってきます。

全体重が足に集中するため、どうしても足を痛めやすくなります。

準備運動や、運動後のケアを怠ると怪我もしやすく疲れが抜けません。

体調による影響も他の運動より感じやすく、続けるのがきつく感じてしまう事も。。。

初心者にはハードルが高いと言えます。

※ジョギングからステップアップしてランニングをする人が多いので、一括りにしています。

ウォーキング

ウォーキングは、誰にでも簡単に出来て費用もかからず継続するのも難しくありません。

筋トレなどに慣れていない初心者の人は、体力を考えるとウォーキングが1番向いています。

デメリットも特にありませんが、痩せるという事に特化した場合、負荷が低いのもあって効果は低めです。

効果よりも続けやすさがウォーキングのメリットです。

簡単ですが、なるべく早く痩せたい人には不向きかも知れません。

【関連】ウォーキングの特徴とダイエットに効果的な実践法

ダイエットで試してみた有酸素運動の経験談

Kanata
Kanata
私が過去に一番力を入れて取り組んだのはスイミングとウォーキングです。

この2つのうち、最も効果が高かったのはスイミング

遠泳が得意だったのもあり、休憩なしで長時間泳ぐことも可能だったので、かなり早いペースで体重も落ちました。

ただ、痩せるためには最適なものの、仕事などが忙しくてあまり通えなくてもジム月会費などの維持費がかかるので、スイミングを続けるのはやめることにしました。

  • その後はウォーキング→ジョギング→ランニングの順でステップアップ

ジョギングは友人のダイエットの付き添いで半年ほど、ランニングは1人の時に1年近くやっていましたが、足に負荷がかかり過ぎたのか怪我に悩まされるように。。。

痛みが出たらしばらく休む→痛みが消えたらまた走る。

Kanata
Kanata
これ、やっちゃいけないことなんですが、ダイエットを休むのが怖くてやってしまいがちですよね。。。

完全に治してから再開すれば良いのですが、ダイエットを休んでいる焦りもあるので、どうしても無理をしがちになります。

この状態がしばらく続き、休む期間を考えると効率が悪いのでランニングをやめる事にしました。

それ以降、怪我をしないように気を付けながら、天候や寒い時期などにやらなくなるのを防ぐため、エアロバイクを導入してみることに。

1時間続けるにはちょっとしんどいくらいの状態で1ヶ月続けると、体も引き締まってきて持久力もアップ!

2ヶ月目には、今までのペースでは余裕になっていたので、その時の状態に合わせて「1時間でしんどいレベル」を上げていきました。

そこから心肺機能も体力もかなりアップして、少し息が上がるくらいのペースなら3時間以上続けても大丈夫な状態に!

最初からは信じられないくらい持久力もついて、体も見違えるほど引き締まりました。

ここで改めて感じたことは、継続することの大事さ

当たり前なんですが、継続するのは本当に難しいんです。

生活の中の一部として、テレビを見たり映画を見たりしながらエアロバイクで運動ができたことが成功した要因だと思います。

ジョギングやランニングのように、ストイックに運動だけをするというのは私には不向きだったので、エアロバイクでダイエットは一番安定して痩せることができました。

エアロバイクをおすすめする3つの理由

私がおすすめする3つの理由
  • 天候に左右されずにいつでも出来る
  • 季節に関係なく暑くても寒くても出来る
  • リカンベントタイプならゲームや読書もラクラク!

室内だから、雨でも台風でも関係なくいつでも出来るのは大きな利点

夏場はウォーキングならまだしも、ジョギングやランニングなんて不可能に近いですし、ウォーキングも長時間するのは難しいし、脱水症状などの危険も伴います。

冬の寒い時期は運動し易いですが、怪我もし易く運動に慣れていない人にはあまりお勧め出来ません。

1年通して定期的に安定して出来ると言うのが1番重要な事です

モチベーションが下がり気味になると、ちょっとした事で止めてしまうんです。

止めても仕方がない理由を見つけると、案外簡単に諦めてしまうものです。

頑張りすぎた結果、辛くなって止めてしまわない為に、続けることを最優先で考えましょう

ダイエットをしている人は、基本的に運動不足な人が多く、ジョギングやランニング等で膝や足を痛める事も多いですよね。

天候を理由に休んでしまったり、仕事が忙しかったり言い訳のしやすさも途中でやめてしまう原因になります。

エアロバイクは雨などに影響されませんし、夏場や冬場でもエアコンがあるので室内なら快適に行えるのも継続する事を簡単にしてくれます。

エアロバイクのデメリットとメリットも解説!

環境によって人それぞれ違うのですが、私の場合はパートナーが続けやすく、別の何かを楽しみながら出来るものを選択しました。

  • ウォーキングやジョキングと違い初期投資が必要
  • モチベーションを保てないと物置化してしまう
  • 一畳分近く必要なので部屋が狭くなる※折りたたみ式もある
  • 安価なベルト式の物は、動作音もうるさく、摩擦で切れたり壊れやすい
Kanata
Kanata
お住まいの環境に配慮して検討しましょう!
  • ゲームや動画、読書も出来てカロリー消費が高い!
  • 事故などに会う危険がない
  • 天候に左右されず、雨の日でも出来る
  • テレビ・映画・音楽を見たり聴きながら出来る
  • 脚の筋肉(主に太腿や大臀筋)を使う為、エネルギー消費が高く、脂肪燃焼効果も高い
  • 心肺機能もアップする
  • 音が静かなので騒音問題も起きにくい
Kanata
Kanata
後で紹介するリカンベントタイプのエアロバイクは、上半身フリーで背もたれもある為、『ながら運動』が出来る最強のエアロバイクです!

初期投資という部分では、ウォーキングやジョギングに分がありますが、時間効率を考えるとエネルギー消費の良いエアロバイクがベストと言えるでしょう。

エアロバイクを置くスペースさえあれば導入しない手はありません。

気を付けておきたいエアロバイク導入の注意点


人によって向き不向きがありますし、環境によっても難しい場合もあり、全ての人に向いているわけではありません。

買ってみたは良いものの、騒音苦情が来たり、続かなかったり物置化してしまったり。。。

こんな理由が当てはまる人は難しいかも
  • 騒音問題がシビアな住宅
  • 部屋に置くスペースがない
  • 部屋で運動する気にならない
  • 普段外で自転車に乗っている
  • ダイエットにお金は使いたくない
  • テレビ・映画・音楽は見ないし聴かない
Kanata
Kanata
安くはない買い物なのでキチンと考えて、痩せるためにプラスになると思えば買う。必要ないと思えば買わないのが無難です。
購入する際に見ておきたいポイント
  • エアロバイクのタイプ(ベルト式・摩擦式・マグネット式(手動・電動)・電磁式)
  • 静音タイプを選ぶならマグネット式や電磁式を選びましょう。
  • 摩擦式(スピンバイク)は、超ハードトレーニング向け!
  • 連続動作可能時間が30分より1時間は欲しい ※超重要
  • 姿勢のタイプ、アップライト=普通の自転車・リカンベント=車のシートに座る感じ・スピンバイク=前傾姿勢

初心者には自転車に乗っている感覚で乗れるアップライトがおすすめ!リカンベントは上半身が完全フリーなので、ゲームや動画を見たり読書をしたり自由度が非常に高い!

Kanata
Kanata
個人的にリカンベントタイプがイチオシですが、大きさも重量もあるのでスペースが必要で、移動も女性だと厳しいかなという感じです。疲れている時でも背もたれがあって楽なので、可能ならリカンベントを考慮しましょう!

連続使用時間30分のエアロバイクも多いですが、ダイエット目的ならできれば1時間は連続で使える物を選びましょう!

スピンバイクは本格的なトレーニング向けなので連続使用時間という概念がありません

スピンバイクを使った「feelcycle」というフィットネスクラブもあるので、運動が好きな人には一番向いています。

失敗しないエアロバイクの選び方


エアロバイクは物によって動作音もうるさい為、集合住宅では気になる人も多いでしょう。

住宅事情も考えて、出来れば静音タイプの物を選ぶのがベストです。

マグネット式や電磁式が静かでおすすめです

私が使っているアップライトタイプのREMARK(リマーク)マグネットバイクは音も静かで、連続使用時間も1時間なのでダイエットに最適です。

毎日3時間連続で漕いだり、使用範囲を超えた使い方をしていましたが、5年使って故障もなく未だに現役です。

アップライトタイプに向いている人は

  • 普段乗っている自転車と同じような感覚で乗りたい人
  • 音楽を聴きながら乗りたい人
  • テレビを見たり映画を見たりしながら乗りたい人

今回イチオシしているリカンベントタイプは、『ながら運動』に最適なエアロバイクです。

iPadで動画を見たり、ブログを書いたりしながら長時間漕げるので、太る理由が見つからないほどです。

エネルギー消費も多いので、しっかりと食べながらでも痩せることが可能です。

ダイエットは出来る限りストレスフリーでやるべきなので、私の中ではリカンベントタイプ以上の物はありません。

リカンベントタイプに向いている人は

  • とにかく楽な姿勢で上半身フリーで乗りたい人
  • ゲームをしたり読書をしながら乗りたい人
  • 健康重視で一番継続しやすいものが欲しい人

今回の記事内容とは違いますが、ガッツリと運動したい人には2つのタイプはあまりおすすめできません。

本格的なタイプが欲しい人はスピンバイク一択です。

スピンバイクタイプに向いている人は

  • ロードバイクなどのスポーツタイプに乗っている人
  • 筋力アップを目的にしている人
  • 家でも本格的なトレーニングをしたい人

スペースがなく設置が難しいという人は、折りたたみエアロバイクという選択肢があります。

簡易式なので、どうしても性能は控えめになりますし、連続稼働時間も30分になっています。

1日に30分x2セットを時間をおいて実施するなど工夫しましょう!

おすすめのエアロバイクをご紹介!

Kanata
Kanata
タイプごとに乗車姿勢に大きな違いがあるので、改めておさらいしておきましょう!
  • アップライトタイプ→一般的な自転車と同じ(ママチャリなど)
  • リカンベントタイプ→車の乗車姿勢に近い
  • スピンバイクタイプ→ロードバイクなどと同じく前傾姿勢

それでは、リカンベントタイプから順に紹介していきます!

リカンベントタイプ

運動不足と加齢による足腰の衰えを改善する目的で、お手頃価格のこちらを選びました。組み立ては、女性1人で約1時間半くらいかかりました。組立説明書の他に工具も付属されていて、特に難しいことはありませんでした。早速使用していますが、畳だからなのか、まったく音が気になりません。1時間以上の連続使用は禁じられているので、55分を1日2~3回くらいテレビを見ながら運動しています。早くも1週間くらいで、足の衰えが少し改善されてきたように感じ、嬉しくて毎日続けています。この価格で、期待以上にしっかりしたエアロバイクに大満足しています。

Kanata
Kanata
リカンベントタイプのながら運動は私のようなずぼらなタイプには最適!
普段は動画を見ながら、書籍を読んで勉強などにも利用しています。
もっと早く欲しかった。。。

アップライトタイプ

良い点は、ガタつきや異音などなく、静かで快適に使えるところ
悪い点は、重くて組み立て説明書が分かりにくいところ。特に段階調節ネジの取り付け方の部分。
その分を差し引いても、全体としてとてもコスパがよく気に入ってます。

Kanata
Kanata
どちらもダイコーの商品ですが、耐久度が高く、マグネット式(手動)なので静音性抜群です!
  • エアロバイクで効率よくしっかりと痩せるためには、漕いでいてやや息があがるくらいの微妙に苦しいあたりをキープ
  • 漕ぎ出しはきつくても、10分くらい漕ぐと慣れてくる
  • 慣れてきても頑張りすぎず、1時間続けられそうなレベルを意識
  • Kanata
    Kanata
    いつまでも漕いでいられる負荷ではダメですが、ちょっときついレベルで1時間漕げるようになれば十分です。

    おすすめの折りたたみ式エアロバイク

    体重が、90キロ近い旦那が乗っても
    安定感があり静かです。
    コスト的には100点です。
    組み立ても高校生の子供がしました。
    ただ、負荷が弱いので軽い運動をしたい人にオススメです。

    Kanata
    Kanata
    これ、実は結構おすすめです!何故かと言うと、アップライト・リカンベント両ポジションで運動が出来ます。1セット目はアップライトでしっかりやって、2セット目でリカンベントポジションでくつろぎながらやるなんて事も出来ますね!

    アップライトでガッツリ漕ぐもよし、リカンベントでくつろぎながら漕ぐもよしの二刀流エアロバイク!
    負荷が軽めですが、それだけ続けやすいという事でもあるので候補に入れてはいかがでしょうか?

    エアロバイクは、長時間でも続けやすいという点でウォーキングに近いものがあります。

    特に映画を見たり音楽を聴きながらだと1時間もあっという間で苦になりません。

    ジョギングやランニングの様に体重が足へかからないので、膝や足への負担が少なく、背中の次に大きい筋肉の太腿やお尻の筋肉も使うので、エアロバイクのエネルギー消費は高めになっています。

    普段、通勤や通学で自転車に乗っている人は、部屋でエアロバイクを漕ぐ事に抵抗を感じる人が多いですよね。

    家の中でまで自転車漕ぎをしたくないのもわかります。

    そういう人は、ある程度の運動は普段からしているはずなので、ジョギングやスイミングなど自分に合ったものを検討しましょう!

    あるいは、本格的なトレーニングにスピンバイクを導入するのもありです。

    Kanata
    Kanata
    スピンバイクは意外にも女性の利用者が結構いるそうです。暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」で有名ですね♪

    スピンバイクタイプ

    梱包されていた発泡スチロールと段ボールを片付けるのが大変だったけど商品は満足です。
    説明書を見ながら一人で組み立てるのに30分くらいかかりました。特に不具合もなく音も静かで、シューっと摩擦の音が、かすかにする程度です。振動も無くまわりに迷惑になりません。ジムでの運動と変わりなく、いい運動になります。

    このスピンバイクは、一躍有名になった暗闇バイクフィットネス「FEELCYCLE」で使用されているタイプのバイクです。

    興味のある方はこちらもおすすめ!

    運動を本格的に取り組んでいる人に向いています。

    スピンバイクは、連続で漕いでいられる時間も制限がありません

    個人的にこれはかなり大きなポイントです。

    普通のエアロバイクだと30分の制限がほとんどですが、このスピンバイクには制限がないのでとことん追い込みたい人には向いています。

    痩せる為にどれか選ぶとしたら、私もこのスピンバイク一択です。

    経年劣化でベルトが切れた場合はこちらもあると安心です!

    今回紹介しているながら運動には残念ながら向いていません。

    Kanata
    Kanata
    テレビも見ない、音楽も聴かない人は、時間も長く感じますし飽きやすく面倒に感じてしまう事もあります。
    そんな人は、リカンベントタイプでくつろぎながらスマホでゲームするも良し、SNSやネットサーフィンするのもありです。

    まとめ

    代表的な有酸素運動
    • ウォーキング
    • ジョギング・ランニング
    • エアロバイク
    • スイミング

    ※下に行くほどカロリー消費は大きくなりますが、エアロバイクは特に負荷レベル調節によってカロリー消費も変わってきます。

    エアロバイクは初期投資が必要ですが、いつでもトレーニング出来るので、1番効率よく痩せる事が可能です。

    ダイエットをする上で一番大事な、『継続する事を容易にする』最強の選択肢です!

    女性は脚が太くなったり筋肉が付いてしまう事を心配しますが、そんなに簡単に筋肉は付きませんし、引き締まって細く見えるようになります

    ウォーキングはこの中でエネルギー消費効率も1番低いですが、足や膝などを痛めるリスクも少なく長時間続けやすい事が1番のメリットです。

    少し遠出して、景色を撮影したり楽しみを見つけると長続きしやすいです。

    ダイエット初心者にはウォーキングがおすすめ!

    ジョギング・ランニングはウォーキングよりもエネルギー消費効率は上がりますが、足首や膝への負担は大きくなります。

    運動の負荷もランニングはかなりきつくなるので、疲れも抜けにくく継続する事が難しいので、ダイエットに向いているのはジョギングと言えます。

    ※シューズもしっかりとしたランニングシューズを選んで、足のケアも怠らないようにしましょう!

    最もカロリー消費が多いのはスイミングですが、継続して泳ぎ続けた場合なので、得意な人でもない限り1時間泳ぎ続けたりというのは極めて難しいでしょう。

    また、全身の疲労も凄いので慣れていない人が続けるのは無謀とも言えますが、スイミングが得意という人であれば、これ以外にないと言えるほどおすすめは出来ます。

    1番のデメリットはスポーツクラブに入るか、市民プールなどを利用しなければならず、それなりに出費がかさんでしまう事。

    ※出費を抑えるために、市民プールなどで都度課金で利用するのが結果的に安く済みます。

    1番効率よく痩せるなら断然スイミングを推しますが、費用がそれなりにかかってしまう事と、運動が得意で体力のある人でないと続けにくい、食欲が増大する危険性がある為に、優先順位を1番下にしました。

    ジョギングやランニングも足や膝への負荷が高く、続ける難易度も高めで、どちらかというと中級者から上級者向けとなります。

    初心者にはウォーキングが1番手軽で長時間続けやすいですが、時間効率はあまり良くありません。

    しかし、ダイエットは効率だけを求めるものではないので、景色を楽しみながら写真を撮ったり楽しみを見つけることも大事です

    エアロバイクばかりだと飽きてしまう事もあるので、気分転換に両者をバランス良くやって行くのも1つの方法ですね。

    多くの人に言えることは、エアロバイクが最も続けやすく痩せやすい運動ということ。

    何かをやりながら運動することが出来るエアロバイクは、有酸素運動で一番おすすめと言えるでしょう。

    デメリットを上回るなら買い!

    『痩せるために必要であれば買う、必要がなければ買わない』使わなくなって後悔しない為にもしっかりと検討しましょう。

    おわりに

    いかがでしたでしょうか?

    どちらかと言うと運動が得意ではないダイエット初心者向けに書いていますので、長い期間続けやすいエアロバイクを紹介しました。

    録りためていたドラマや映画を良く見る人、音楽を常に聴いている人にはエアロバイクはとても相性が良いので、これを機に検討してみてはいかがでしょうか?

    この記事が痩せる手助けになれば嬉しいです!

    それではまた!

    ABOUT ME
    Kanata
    Kanata
    ダイエットを頑張り過ぎてリバウンドを繰り返している人に伝えたいこと。 成功させる秘訣は『頑張りすぎないこと!』です。 1人でも多くの人に伝えるべく、意味のある情報を発信していきます!