ダイエット

【2019年版】Bluetooth(Wi-Fi)対応おすすめ体重計ランキング!

どうも!Kanataです!

体重管理って考えているよりも面倒ですよね?
体重計に乗って記録をするだけなんですが、簡単でも続かない。。。

理由は単純で、「面倒」だからなんです!

毎日同じことの繰り返しだからこそ、面倒だと続かないんですよね。

そこで、体重だけではなく体組成データもスマホへ自動転送してカンタンに記録できるBluetooth&Wi-Fi対応モデルをご紹介します♪

>>ランキングをすぐに確認したい人はこちら
ランキングまでスクロールします

こんな方におすすめの記事です!
  • ダイエットにトレーニングを取り入れている方
  • 本格的なトレーニングをしている方
  • 自動で体重や体組成を管理したい方
  • スマホやPCでデータ管理を手軽にしたい方

Bluetooth(Wi-Fi)連動の体重計ってどんなもの?


大手のメーカーしか対応していませんが、各メーカーとも同様の機能を持っています。

Bluetooth(Wi-Fi)でスマホの専用アプリやサーバーと同期して、体重計で計測したデータを自動で保存出来る仕組みになっています。

体重計に乗るだけで、体重や体脂肪などのデータがスマホに記録されていくので、ダイエッターはもちろんトレーニーにもありがたい機能ですね!

タニタとWishingsはPCでの同期・管理も可能です。

体重計のデータ管理は意外と面倒


データをノートに書いたり、PCでExcelに入力したり、毎日やるとなると意外と手間に感じる様になるものです。

後からノートを見返して比較したり、Excelの統計を見たり自分でデータを作ると大変だし、そもそもどうやってやるのかわからない人も多いですよね。

中には、面倒だから管理しなくなってしまう人も。。。

Kanata
Kanata
私の場合は、最初のうちはやる気満々ですが、モチベーションが低下するとやらなくなってしまいます。

Bluetooth(Wi-Fi)連動機能をおすすめする理由


それはここまで伝えてきた「面倒な手間」をすべて自動で行ってくれるから!

自分で管理しなくてもいい便利さは、使ってみて間違いなく実感します。

Bluetooth(Wi-Fi)連動機能が付いた体重計なら最初の初期設定のみで、自動でスマホや専用のサーバーにデータ保存されます。

専用のアプリで過去のデータと比較するのも簡単だし、体組成データなどの確認もしやすく、日々のモチベーションも高めてくれます。

各社の専用アプリはスタイリッシュで見やすいものが多いですし、1週間ごとのデータを元にメールでアドバイスをしてくれる機能があったり、時短以上の効果も期待出来ます。

Kanata
Kanata
きっちり管理できる人なら必要ないかもですが、私のようにダイエット以外は楽したい人にとって自動はありがたいです!

余計な手間を省くことでモチベーションも保ちやすい!


体重の変動は体内の水分でものすごく変わってくるので、頭ではわかっていても数値に惑わされてしまうものです。

そこまで食べていないのに、塩分を多めに摂ったために水分が一時的に増加して増えたりします。

逆にそこそこ食べたけど、お酒もかなり飲んで水分が一時的に減少して一気に体重が減ることもあります。

体重などのデータは自動で管理して、食事管理をきっちりしていれば増えた理由も把握しやすく、体重の増減に一喜一憂してしまうこともなくなります。

停滞期も体内のデータがどの様になっているか把握しておくこともモチベーション低下を防ぐことに繋がりますね♪

Kanata
Kanata
体重が変動しやすい理由については下記の記事で紹介しています。

Bluetooth(Wi-Fi)連動体重計の選び方

Kanata
Kanata
通信機能以外はメーカーごとに特徴が違うので、自分が欲しい機能があるかどうかしっかり確認して選ぶようにしましょう!
  1. とにかく安さ重視→機能は限定で、体重とBMI計測可能
    Wishings(Nokia) Body WBS06
  2. 面倒な操作もなくすぐに計測できる→電源を操作せずに乗るだけで計測可能なオムロン カラダスキャンシリーズ
    HBF-227T / HBF-255T
  3. ダイエットに役立つ機能がついている→体内水分率が計測可能なWishings(Nokia)Body+とタニタ インナースキャンシリーズ
    Wishings(Nokia)Body+ / RD800 / RD909
  4. 本格的なトレーニングに役立つ機能がついている→筋肉の質まで測定可能なタニタ インナースキャンシリーズ
    RD800 / RD909 / RD908 / RD907 / RD906
  5. 計測精度の高いもの→測定誤差の少ないタニタインナースキャン&オムロンカラダスキャン上位モデル
    RD800 / RD909 / RD907 / HBF-255T

体重計を選ぶ上で重要な要素は何か?をしっかり考えて選ぶと失敗することもなくなると思います。

こんな機能があったら良いな!」「この機能は私には必要ない」など、こだわりたい部分は人それぞれ。

    自分が欲しい機能を優先して選ぶ

  • 健康管理に役立つもの
  • ダイエットに役立つもの
  • 本格的なトレーニングに役立つもの

上でもざっくり紹介していますが、そんな人たちにピッタリな体重計を選べるように、モデルごとのデータも徹底調査♪

お気に入りのモデルを見つける参考にしてみて下さいね!

おすすめ体重計ランキング9選!


それでは、Bluetooth(Wi-Fi)対応の体組成計を厳選して紹介したいと思います!
WishingsはNOKIAがブランド名を変更したものです

Kanata
Kanata
通信機能がついたモデルは非常に少ないので厳選して紹介します。
タニタ インナースキャンデュアル RD-908

RD-908はアスリートや、トレーニングをしている人に最適な「筋肉量+筋肉点数」判定機能を搭載!見た目も体の筋肉の状態も把握したい人にはおすすめです!

発売日2018年10月01日計測項目体重・体脂肪率・BMI・推定骨量・筋肉量・筋質点数・内臓脂肪レベル
対応スマホiPhone/Android通信機能Bluetooth
体重表示kg計量範囲0〜180kg
体重計精度0〜100kg ±200g
100kgから180kg ±400g
体重計測単位0〜100kg 100g
100kg〜180kg 200g
タイプ健康維持・ダイエット・トレーニングアスリートモードあり
対象年齢6歳から体脂肪率・BMI・推定骨量・筋肉量データが計測可能!
※筋質点数・内臓脂肪レベルは18歳から測定可能
独自機能筋肉の質がわかる「筋肉点数」機能搭載
乗るだけ自動測定なし
※電源ボタンを押して計測する必要あり
登録人数4人+ゲストモード

トレーニングをやり始めた入門機としておすすめ!計測精度や体内水分など、さらにこだわりたいなら上位モデルを選びましょう!

タニタ インナースキャンデュアル RD-907

RD-907はアスリートや、トレーニングをしている人に最適な「筋肉量+筋肉点数」判定機能を搭載!見た目も体の筋肉の状態も把握したい人にはおすすめです!

発売日2016年10月01日計測項目体重・体脂肪率・BMI・推定骨量・筋肉量・筋質点数・内臓脂肪レベル
対応スマホiPhone/Android通信機能Bluetooth
体重表示kg計量範囲0〜180kg
体重計精度0〜100kg ±100g
100kgから180kg ±200g
体重計測単位0〜100kg 50g
100kg〜180kg 100g
タイプ健康維持・ダイエット・トレーニングアスリートモードあり
対象年齢6歳から体脂肪率・BMI・推定骨量・筋肉量データが計測可能!
※筋質点数・内臓脂肪レベルは18歳から測定可能
独自機能筋肉の質がわかる「筋肉点数」機能搭載
乗るだけ自動測定なし
※電源ボタンを押して計測する必要あり
登録人数4人+ゲストモード

RD908の計測精度が上がったもの。トレーニングをやり始めた人の入門機におすすめ!体内水分も計測したいなら上位モデル(RD909かRD800)を選びましょう!

カラダスキャン HBF-255T

HBF-255Tは計測精度も優秀で、スマホを立ち上げなくても自動転送可能!なんと乗って約4秒で体組成データもスピード計測できます!「子供アルゴリズム」搭載で、子供の肥満予防にも!

発売日2017年01月20日計測項目体重・体脂肪率・BMI・骨格筋率・体年齢・基礎代謝・内臓脂肪レベル
対応スマホiPhone/Android通信機能Bluetooth
体重表示kg計量範囲2〜135kg
体重計精度2〜67.5kg ±100g
67.5kg〜100kg ±150g
100kgから135kg ±300g
体重計測単位2〜100kg 50g
100kg〜135kg 100g
タイプ健康維持・ダイエット・トレーニングアスリートモードあり
対象年齢6歳から
※体年齢・内臓脂肪レベルは18歳から測定可能
※5歳以下は体重・BMIのみ測定可能
独自機能6歳から体組成などのデータを測定可能な「子どもアルゴリズム」を搭載!
乗るだけ自動測定あり登録人数4人+ゲストモード

乗るだけ自動計測で手間いらず!健康管理やダイエットにおすすめ!計測精度も優秀で、50gごとの計測でこだわる人にも最適!

タニタ インナースキャンデュアル RD-906

RD-906は筋肉質なアスリートや、トレーニングをしている人に最適な「筋肉量+筋肉点数」判定機能を搭載!

発売日2016年10月01日計測項目体重・体脂肪率・BMI・推定骨量・筋肉量・筋質点数・内臓脂肪レベル
対応スマホiPhone/Android通信機能Bluetooth
体重表示kg計量範囲0〜180kg
体重計精度0〜100kg ±200g
100kgから180kg ±400g
体重計測単位0〜100kg 100g
100kg〜180kg 200g
タイプ健康維持・ダイエット・トレーニングアスリートモードあり
対象年齢6歳から体脂肪率・BMI・推定骨量・筋肉量データが計測可能!
※筋質点数・内臓脂肪レベルは18歳から測定可能
独自機能筋肉の質がわかる「筋肉点数」機能搭載
乗るだけ自動測定なし
※電源ボタンを押して計測する必要あり
登録人数4人+ゲストモード

トレーニングに取り組んでいる人やアスリートにおすすめ!

Wishings(Nokia) Body+ WBS05

Body+は乗るだけで、最大8人まで自動で判別して計測してくれる!体内水分率が計測できるのもダイエットしている人にはとても嬉しい機能!筋肉量も計測できるのでトレーニングをしている人にもピッタリ!自動で計測後に専用のサーバーへ転送してくれるので、面倒な作業は一切なし!

発売日2016年10月01日計測項目体重・体脂肪率・BMI・骨量・筋肉量・体内水分量
対応スマホiPhone/Android通信機能Bluetooth/Wi-Fi
体重表示kg/lb/stlb
※ストーン、ポンドに切り替え可能
計量範囲5〜180kg
体重計精度±200g体重計測単位200g
タイプ健康維持・ダイエットトレーニングアスリートモードあり
対象年齢記載なし独自機能天候表示/ベビーモード/妊娠モード搭載
乗るだけ自動測定なし
※電源ボタンを押して計測する必要あり
登録人数8人

スマホなしでも計測可能で貴重なWi-Fi対応モデル!体組成データも豊富でダイエットはモチロン、トレーニングがメインの人にもおすすめ!

タニタ インナースキャンデュアル RD-800

RD-800は両手両足で計測することにより、部位別の様々な体組成データを測定可能!体をバランスよく鍛えたり衰えた筋肉を強化したり、脈拍数も計測できるので、健康管理からトレーニングまで役立ちます!MBA判定など本格的なトレーニングに取り組む人のための体重計です!

発売日2016年11月11日計測項目体重・部位体脂肪率・BMI・推定骨量・部位筋肉量・部位筋質点数・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・体水分率・MBA判定・脈拍数
対応スマホiPhone/Android通信機能Bluetooth
体重表示kg計量範囲0〜200kg
体重計精度0〜100kg ±100g
100kgから200kg ±200g
体重計測単位0〜100kg 50g
100kg〜200kg 100g
タイプ健康維持ダイエットトレーニングアスリートモードあり
対象年齢6歳から部位体脂肪率・BMI・推定骨量・部位筋肉量・脈拍数データが計測可能!
※部位筋質点数・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・体内水分率・MBA判定は18歳から測定可能
独自機能筋肉の質がわかる「筋肉点数」機能搭載
乗るだけ自動測定なし
※電源ボタンを押して計測する必要あり
登録人数4人+ゲストモード

タニタのフラッグシップモデル!本格的なトレーニングに取り組んでいる人やアスリートに特におすすめ!筋肉の成長もしっかりと把握したい人に最適!

カラダスキャン HBF-227T
オムロン HBF-227T-SW(ホワイト) 体重体組成計 カラダスキャン

HBF-227Tはスマホを立ち上げなくても自動転送可能!なんと乗って約4秒で体組成データもスピード計測できます!「子供アルゴリズム」搭載で、子供の肥満予防にも!

発売日2017年11月21日計測項目体重・体脂肪率・BMI・骨格筋率・体年齢・基礎代謝・内臓脂肪レベル
対応スマホiPhone/Android通信機能Bluetooth
体重表示kg計量範囲2〜135kg
体重計精度2〜67.5kg ±200g
67.5kg〜100kg ±300g
100kgから135kg ±600g
体重計測単位2〜100kg 100g
100kg〜135kg 200g
タイプ健康維持・ダイエット・トレーニングアスリートモードあり
対象年齢6歳から
※体年齢・内臓脂肪レベルは18歳から測定可能
※5歳以下は体重・BMIのみ測定可能
独自機能6歳から体組成などのデータを測定可能な「子どもアルゴリズム」を搭載!
乗るだけ自動測定あり登録人数4人+ゲストモード

乗るだけ自動計測で手間いらず!健康管理やダイエットにおすすめ!

タニタ インナースキャンデュアル RD-909

RD-909はダイエットに重要な体内水分量がわかるのはモチロン、筋肉質なアスリートや、トレーニングをしている人に最適な「筋肉量+筋肉点数」判定機能を搭載!

発売日2018年10月01日計測項目体重・体脂肪率・BMI・推定骨量・筋肉量・筋質点数・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・体水分率
対応スマホiPhone/Android通信機能Bluetooth
体重表示kg計量範囲0〜180kg
体重計精度0〜100kg ±100g
100kgから180kg ±200g
体重計測単位0〜100kg 50g
100kg〜180kg 100g
タイプ健康維持・ダイエットトレーニングアスリートモードあり
対象年齢6歳から体脂肪率・BMI・推定骨量・筋肉量データが計測可能!
※筋質点数・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・体内水分率は18歳から測定可能
独自機能筋肉の質がわかる「筋肉点数」機能搭載
乗るだけ自動測定なし
※電源ボタンを押して計測する必要あり
登録人数4人+ゲストモード

本格的なトレーニングに取り組んでいる人やアスリートにおすすめ!計測精度や誤差も優秀で、トレーニー必須の一台です!

Wishings(Nokia) Body WBS06
Withings Body Black WBS06-Black-All-JP WBS06-BLACK-ALL-JP

リーズナブルなエントリーモデルながら、Bluetooth&Wi-Fi両対応!Wi-Fi設定ならスマホアプリを立ち上げる必要なく、乗るだけで自動でデータ管理可能!

発売日2017年06月20日計測項目体重・BMI
対応スマホiPhone/Android通信機能Bluetooth/Wi-Fi
体重表示kg/lb/stlb
※ストーン、ポンドに切り替え可能
計量範囲5〜180kg
体重計精度記載なし体重計測単位200g
タイプ健康維持・ダイエットアスリートモードなし
対象年齢記載なし独自機能天候表示/ベビーモード/妊娠モード搭載!
乗るだけ自動測定なし
※電源ボタンを押して計測する必要あり
登録人数8人

スマホなしでも計測可能で貴重なWi-Fi対応モデル!体重とBMIを手軽に健康管理したい人には最適!価格の安さも魅力!

スマホと連動するアプリ紹介

導入はいたって簡単!

お使いのスマホがiPhoneならApp Store、AndroidならGoogle Playからダウンロードしてインストール→体重計とスマホをペアリングすれば設定完了!
※最初に初期設定があるので、体重計のマニュアルなどを参考に設定しましょう。

Kanata
Kanata
今回紹介する各社のアプリは、名前こそ違うものの同様の機能が揃っています。

タニタ ヘルスプラネット

タニタの無料健康管理アプリ ヘルスプラネット

タニタの無料健康管理アプリ ヘルスプラネット

TANITA HEALTH LINK.INCposted withアプリーチ

ヘルスプラネット管理画面

ヘルスプラネット
〜出典:app storeより〜

アプリで管理できる体組成データ体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・筋質点数・推定骨量・内蔵脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・体水分率

※体重体組成計でスマホ連動できるデータです。

表示できる項目が非常に多く、筋肉量や筋肉点数、体内水分率を確認できるのはすごい!体重など太っているのか標準なのか?などパッと見てすぐわかるようになっている。グラフも見やすく過去データとの比較もカンタン!

オムロン OMRON connect

OMRON connect

OMRON connect

OMRON HEALTHCARE Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

OMRON connect管理画面

OMRON connect
〜出典:オムロン公式サイトより〜

アプリで管理できる体組成データ体重、体脂肪率、内臓脂肪レベル、骨格筋レベル、体年齢、基礎代謝、BMI

※体重体組成計でスマホ連動できるデータです。

一覧表示も文字が大きくカラフルなので確認しやすい!確認できるグラフも多いので、様々なデータの比較がカンタン!

Withings(Nokia) Health Mate

Withings Health Mate

Withings Health Mate

Withings無料posted withアプリーチ

Health Mate管理画面

health mate
〜出典:Wishings公式サイトより〜
※参考画像は公式サイトからのため英語表記ですが、実際には日本語表記です。

アプリで管理できる体組成データ体重、体脂肪率、筋肉量(筋密度)、骨量、体内水分率、BMI

※体重体組成計でスマホ連動できるデータです。

体組成データの一覧性も良く、過去のデータをグラフで比較しやすい!

全てiPhoneとAndroidに対応しているので安心して選ぶことが出来ます!

まとめ

Bluetooth/Wi-Fi連動機能おすすめランキングを紹介しましたが、改めておさらいしておきましょう。

Bluetooth(Wi-Fi)モデルにするべき理由!
  1. Bluetooth連携機能は、体重計に乗って計測するだけでスマホへ体組成データが自動で記録される!
  2. 体重・体脂肪・筋肉量・水分量など把握しておくことで、日々の体重管理をスマートにこなせる。
  3.   

  4. 過去の体組成データと照らし合わせることで、日々の行動と照らし合わせてダイエット管理ができる。
  5. 日々の変化もグラフ化されていて見易く、食事内容からどうして増えたor減ったのかわかりやすい。

これらのデータ以前に、体重が増える(減る)仕組みを理解しておくのも重要です。

体組成データなど面倒なものは自動化、食べたものを記録して、体重が増減する知識を身につけておけばダイエットは決して難しいものではありません。

継続しやすい様に手を抜けるところは手を抜くなど、試行錯誤で工夫していくのはとても大事です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

体重管理を日々頑張っている人は、手を抜いて良い部分は手を抜いて自動化してみるのはとてもおすすめです。

ぜひ参考にしてみて下さいね!

それでは!

ABOUT ME
Kanata
Kanata
ダイエットを頑張り過ぎてリバウンドを繰り返している人に伝えたいこと。 成功させる秘訣は『頑張りすぎないこと!』です。 1人でも多くの人に伝えるべく、意味のある情報を発信していきます!