ダイエット

【ダイエット初心者向け】体重が増減する理由を知っていますか?

どうも!Kanataです!

体重の増減を見ているとこんなことはありませんか?

結構食べたのに減ってる、そんなに食べてないのに増えてる。

ダイエット中のほとんどの人が経験することだと思います。

この原因は、ほぼ体内水分量の変化によるものです。

原因をなんとなく知っていても、自分の状態を把握していないとダイエットを継続することに不安を抱いたり、体重が減らない(一時的に増えたり)などの理由で過食をしてしまったりストレスもたまりやすくなります。

今回は体重増減に関わる重要な「水分」が変動する理由と、簡単に管理する方法も合わせて紹介します!

こんな方におすすめの記事です!
  • 体重が変化する理由を詳しく知りたい方
  • 体重の変化に一喜一憂してしまう方
  • 体重管理を手軽に出来る方法を知りたい方

体重増減の原因とは?

体内水分率イメージイラスト
人の身体の重さは水分が6割近くを占めると言われています。

血液や筋肉、細胞内の体液などの水分から構成されているわけですが、この水分量は増減が激しく、その影響を受けて体重が急激に減ったり増えたりします。

そのため、ダイエット中の人が一喜一憂してしまう原因にもなっています。

正しく知って、体重の変化はどうして起こるのかを把握しておくことが重要と言えます。

体重が増減する仕組みを理解しよう

何かに気付いた様子の女性
ダイエット中はちょっとした変化にも敏感になります。

それ自体は悪いことではないのですが、体重が減る仕組みを理解していないと混乱してしまいます。

体重が減るのは主にこのような理由から!
  • 体内水分量が減少
  • 体脂肪が減少
  • 筋肉が減少
Kanata
Kanata
この中でも特に体内水分量がほとんどの理由を占めています。下記は水分が減る主な理由です。
水分が減る主な理由
  • 激しい運動で大量に汗をかいた
  • トイレに行った
  • お酒をかなり飲んだ
  • 体調不良で水分を摂っていない
  • 食あたりなどで下痢をしている

※特にスポーツで大量に汗をかいたあと、お酒をかなり飲んだ次の日なども体重の変化が大きくなります。

脱水の状態を示すイメージイラスト
Kanata
Kanata
夏場などは大量の汗をかきやすく、1kg~2kg近く体重が変わるなんてことも当たり前のように起こります。

水分が減る主な理由に当てはまる時は、体組成データに大きな変動が起こります。
普段の状態とかなり変わってしまうので、水分補給をしたり体調が戻るまで計測は控えておきましょう。

スポーツ後や体調不良時などに、どれだけ体組成が変わるのか検証してみたいなどキチンと把握できるなら計測するのもありだと思います。

体重が増減しやすい飲み物

利尿作用のあるアルコール飲料イメージイラスト
利尿作用のある飲み物
  • お茶
  • コーヒー
  • オレンジジュース
  • アルコール類

代表的なものですが、他にもたくさんあります。

※ウィスキー、ブランデー、焼酎などほとんどカリウムが含まれていないものもありますが、お茶やフルーツジュースなどで割ると利尿作用がプラスされます。

カフェインやカリウムを多く含む飲み物だと利尿作用も働き、水分排出量も増えます

お茶など生活に馴染んで日頃から飲むという人も多いとおもいますが、水分補給は基本的に水を飲むのが一番良いです。

※老廃物除去など、体内の水分を循環させるのは大事です。ダイエット中は特にしっかりと水分補給を行いましょう。

体内水分量の変化で一喜一憂しないために

体重計に乗って一喜一憂する女性イラスト
体重変動で悩まないために!
  • 体内水分量を計測できる体重計(体組成計)を買う
  • 体内水分量の一時的な増加を抑えるために塩分は控えめにする
    塩分濃度が上がると正常な状態に戻るまで体内水分が増加した状態になります。
  • 利尿作用のある飲み物などを把握して、急激な変化に対しての知識を身に付ける
    特にアルコールは体内水分量が一時的に減少する場合があります。

塩分による増加やアルコールなどによる減少、どちらも元どおりになるまで1日程度は必要です
正確な体重や体組成データを確認するのは難しいので、あまり気にしないようにしましょう!

体組成には水分量だけでなく、筋肉などスタイルアップに欠かせない要素もたくさんあります。

【関連記事】【2019年最新版】Bluetooth(Wi-Fi)対応おすすめ体重計ランキング!こちらの記事では体内水分量を計測してスマホで自動的に管理できるものを紹介しています。

Kanata
Kanata
体内水分量の変化を調べておく習慣は、食事内容に気をつける習慣もつくので重要です。

体重管理で重要な体組成とは?

ヘルスメーター
体組成については、『体重管理で知っておくべき体組成とは?』こちらの記事で詳しく紹介しています。

体組成とは身体を構成する筋肉や骨、水分などのことで、今は家庭用の体重計でも体組成が計測できるものがたくさん発売されています。

Kanata
Kanata
この体組成を調べるメリットは次のようなものが挙げられます。
  • 基礎代謝量の変化がわかる
  • 筋肉量の変化がわかる
  • 内臓脂肪の変化がわかる
  • 体内水分率の変化がわかる
  • 骨密度(推定骨量)の変化がわかる

体重と脂肪だけではわからない5つの要素は、ダイエットをしている人にとっても非常に重要なデータです。
間違ったダイエット法をしないために、健康的に痩せるためのデータとして活かしましょう!

Kanata
Kanata
デメリットとしては、このようなものが挙げられます。
  • メーカーごとに試験したデータを元に、計測者の電気抵抗などで数値を出している。
    完璧な数値ではない
  • 大量の汗をかいたり、入浴後、水分を補給したあとなどで、数値がかなり変化する。
    時間を決めて計測するなど工夫が必要

完全に自分の体組成が数値化されたデータではないので、参考にするデータと覚えておきましょう。

まとめ

Kanata
Kanata
ダイエットをしている人は体重の変化に敏感で、どうしても1日ごとの変化が気になってしまいます。なるべく1ヶ月ごとくらいの長期的なデータを見るようにしましょう。
水分量の減少はこんなことで起きる
  • 激しい運動で大量に汗をかいた
  • トイレに行った
  • お酒をかなり飲んだ
  • 体調不良で水分を摂っていない
  • 食あたりなどで下痢をしている
Kanata
Kanata
夏場など、大量の汗をかきやすいときは特に体重の変化も激しくなります。ダイエット中は水を飲むのも抑える人がいますが、しっかりと水分補給をしましょう。
利尿作用のある飲み物
  • お茶
  • コーヒー
  • オレンジジュース
  • アルコール類

カフェインやカリウムを多く含んでいると、利尿作用が高まります
ビールなどはカリウム含有量が非常に高いので利尿作用も合わせて高くなります。

体重変化の最も多い要素
  • 体内水分率の変化
  • 筋肉量の変化
  • 体脂肪量の変化

短期間で見ると、体重の増減はほぼ体内水分率の変化によるものです。

要素別のポイント
  • 変化の多い水分量は、場合によって1日で1kg~2kgも変化します
    正しい知識を持たない人にとって、一喜一憂の原因となる。
  • 過度な食事制限をしない限り、筋肉量の減少は1ヶ月で1kg程度
  • 体脂肪の変化量は1日で最大+-100~200前後

体重の変化は意外と大きいので、体重の増減に悩まされないためにもキチンと把握しておきましょう!

  • 体内水分量を計測できる体重計(体組成計)を買う
  • 体内水分量の一時的な増加を抑えるために塩分は控えめにする
    塩分濃度が上がると正常な状態に戻るまで体内水分が増加した状態になります。
  • 利尿作用のある飲み物などを把握して、急激な変化に対しての知識を身に付ける
    特にアルコールは体内水分量が一時的に減少する場合があります。
  • 塩分による増加やアルコールなどによる減少、どちらも元どおりになるまで1日程度は必要!
  • 正確な体重や体組成データを確認するのは難しいので、あまり気にしない!

体重の変化のほとんどは「体内水分量の変化」から起きています。

体重が落ちないストレスで暴飲暴食してしまったり、モチベーションの低下からダイエットをやめてしまったり、ダイエット中の人は特に気をつける必要があります。

体内水分量の変化を知らずに「ダイエットを頑張っているのに体重が増えた!」→「頑張っても体重減らないからダイエットやめる!」こんなことにならないように、体重ばかりでなく体組成計でしっかりデータを確認しておくことが大事です

ただ頑張るよりも、体重増減の仕組みを理解してデータを管理しておけば、ダイエットは成功しやすくなります。

こちらの記事では体内水分量はもちろん、ダイエッターやトレーニーに最適な体組成データを自動で管理できる体重計を紹介しています。

そして、ストレスから過食をしてしまった人に覚えておいてほしいこと

過度な食事制限をしても、過食をしてしまっても、体脂肪の+-は「最大でも1日で200g」前後です。

どういうことかというと、たった1日くらい過食しても大したことではないということ

ダイエットはただでさえストレスが溜まりますから、我慢ばかりしていてはダメ!

たまにはしっかり食べるのも大事です!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

体重だけでなく体組成データを把握することは、ダイエットを簡単に継続する秘訣です!

ダイエットは継続するのが何よりも重要なこと。

リバウンドに毎回苦しんでいる人は、方法を見直してみてはいかがでしょうか?

それではまた!

ABOUT ME
Kanata
Kanata
ダイエットを頑張り過ぎてリバウンドを繰り返している人に伝えたいこと。 成功させる秘訣は『頑張りすぎないこと!』です。 1人でも多くの人に伝えるべく、意味のある情報を発信していきます!