トレーニング

【2019年版】トレーニーへおすすめしたい体重計ランキング5選!

どうも!Kanataです!

体重計は色々あるけど、人によって欲しい機能は違いますよね?

今回はトレーニングをしている人に向けて一番気になる「筋肉量」。

中でもウエイトトレーニングに取り組んでいる人におすすめな、筋肉の状態を把握する機能に特化したおすすめ体重計をメインでご紹介!

トレーニーの方はおすすめへどうぞ↓↓↓
>>おすすめをすぐに確認したい人はこちら
おすすめまでスクロールします

トレーニング初心者の方はこのまま読みすすめて下さい。

こんな方におすすめの記事です!
  • ウエイトトレーニングを始めた方
  • ジムで本格的なトレーニングをしている方
  • 筋肉のバランスを確認したい方
  • ダイエットによる筋肉の減少が気になる方

筋肉量を体重計で測れるの?

疑問2
体組成計というと体脂肪を計測できることで有名ですが、筋肉の量も体脂肪と同じように調べることができます。

計測方法は体脂肪と同じ原理ですが、体脂肪と筋肉には下記のような違いがあります。

  • 体脂肪は電気を通しにくい
  • 筋肉は電気を通しやすい

この特性を利用して筋肉量を計測しています。

トレーニーが筋肉量を調べる意味

必要性
トレーニングをしている人にとって筋肉量は非常に重要です。

筋肉は、ただトレーニングをしていれば増えるというものではありません。

トレーニングで筋繊維が傷つく→筋繊維が回復する

ここへタンパク質や他の栄養素、しっかりとした睡眠をとることで、ほんの少しずつ筋肉は増えていきます

スタイルアップと筋肉の関係

筋肉とスタイル
今は常識となっていますが、スタイルアップしたい人のダイエットにはトレーニングが必須です。

例えば、同じ人で同じ50kgでもトレーニングをしていない時と、トレーニングを1年継続した状態では全く違う見た目になります。

同じ体重なのに引き締まって、バストやヒップも筋肉により支えられてリフトアップします。

筋肉より脂肪の方が軽いので、同じ体重なら面責も増えてたるんでいるのでだらしなく見えてしまいます。

トレーニングをしないダイエットは筋肉量も落としてしまうため、スタイルアップを目指している人にとってNGといえます。

※体重がかなりある場合は怪我防止の意味もあり、まずはある程度体重を落とすことが優先です。
トレーニングを並行する場合は、負荷の低い簡単なものから始めましょう。

筋肉が付きすぎてしまわないか心配

心配事1
女性が心配しがちな問題ですが、結論からいうと、全く問題ないと断言できます。

そこまで筋肉をつけるには、本当に限界まで追い込んだ凄まじいトレーニングが必要になります。

しかも、女性は男性と違い、筋肉をつけることがなかなか難しいと言われています。

ムキムキになるのを心配する人もいますが、ハッキリ言ってボディビルダーなどでもない限り無理です。

Kanata
Kanata
ボディビルダーであっても、もの凄い重いウエイトを使って全力でトレーニングを日々繰り返しているので、スタイルアップのためにトレーニングをしようと考えている人は安心して下さいね!

トレーニーに特化した体重計を選ぶべき

選択1
トレーニングをしている人にとって筋肉量を把握することが大事なので、筋肉量を計測できるものを必ず選びましょう。

トレーニーなら、安価な体重だけしか測れないものは選ばないようにしましょう。

筋肉質な人でも安定して体脂肪を計測できる「アスリートモード」が搭載されているものは必須!

さらに一歩進んで筋肉の状態まで把握するのが理想です。

今まで筋肉量を計測できる体組成計は数多くありましたが、筋肉の質も計測する「トレーニングをしている人」のためのものはありませんでした。

しかし、タニタから近年発売されたモデルは、「筋質点数という筋肉の質を計測」することが可能となりました。

筋肉の質とは?
  • 筋肉、筋肉以外の繊維を詳細に調べる
  • 筋繊維以外の脂肪や水分などが少ない→筋質が高い
  • 筋繊維以外の脂肪や水分などが多い→筋質が低い
  • 筋質が高い→筋繊維が太い、筋質が低い→筋繊維が細い

ざっくりとこういうことが把握できます。

筋質が高ければ筋肉のパフォーマンスは上がり、スタイルだけでなく動ける身体ができあがります。

Kanata
Kanata
しっかり動ける身体というのは、いつまでも若さを保つためにも重要ですね。

おすすめの体重計ランキング5選

おすすめ5選①
筋肉を意識して鍛えているトレーニー&ダイエット+トレーニングをしている人へ最適な体重計をセレクトしてみました。

本格的にジムでトレーニングをしている人は、減量期も視野に入れて体内水分を計測できるモデルをおすすめします。

トレーニングを始めたばかりの人は、どれを選んでも失敗しないと思います。

ここで紹介している体重計は、全てBluetooth(Body+はWi-Fiも)に対応しているので、スマホ連動で管理も簡単です。

合わせてアプリもインストールしましょう。

Kanata
Kanata
失敗しない選び方:ダイエットとトレーニングもしている人は、体内水分のわかるRD909やBody+を選ぶと安心です。
Wishings(Nokia) Body+ WBS05
Withings Body + White WBS05-White-All-JP WBS05-WHITE-ALL-JP

Body+は乗るだけで、最大8人まで自動で判別して計測してくれる!体内水分率が計測できるのもダイエットしている人にはとても嬉しい機能!筋肉量も計測できるのでトレーニングをしている人にもピッタリ!自動で計測後に専用のサーバーへ転送してくれるので、面倒な作業は一切なし!

発売日2016年10月01日計測項目体重・体脂肪率・BMI・骨量・筋肉量・体内水分量
対応スマホiPhone/Android通信機能Bluetooth/Wi-Fi
体重表示kg/lb/stlb
※ストーン、ポンドに切り替え可能
計量範囲5〜180kg
体重計精度±200g体重計測単位200g
タイプ健康維持・ダイエットトレーニングアスリートモードあり
対象年齢記載なし独自機能天候表示/ベビーモード/妊娠モード搭載
乗るだけ自動測定なし
※電源ボタンを押して計測する必要あり
登録人数8人

スマホなしでも計測可能で貴重なWi-Fi対応モデル!体組成データも豊富で健康管理やダイエットはモチロン、トレーニングがメインの人にもおすすめのオールラウンドモデルです!

タニタ インナースキャンデュアル RD-908

RD-908はアスリートや、トレーニングをしている人に最適な「筋肉量+筋肉点数」判定機能を搭載!見た目も体の筋肉の状態も把握したい人にはおすすめです!

発売日2018年10月01日計測項目体重・体脂肪率・BMI・推定骨量・筋肉量・筋質点数・内臓脂肪レベル
対応スマホiPhone/Android通信機能Bluetooth
体重表示kg計量範囲0〜180kg
体重計精度0〜100kg ±200g
100kgから180kg ±400g
体重計測単位0〜100kg 100g
100kg〜180kg 200g
タイプ健康維持・ダイエット・トレーニングアスリートモードあり
対象年齢6歳から体脂肪率・BMI・推定骨量・筋肉量データが計測可能!
※筋質点数・内臓脂肪レベルは18歳から測定可能
独自機能筋肉の質がわかる「筋肉点数」機能搭載
乗るだけ自動測定なし
※電源ボタンを押して計測する必要あり
登録人数4人+ゲストモード

トレーニングをやり始めた入門機としておすすめ!計測精度や体内水分など、さらにこだわりたいなら上位モデルを選びましょう!

タニタ インナースキャンデュアル RD-907

RD-907はアスリートや、トレーニングをしている人に最適な「筋肉量+筋肉点数」判定機能を搭載!見た目も体の筋肉の状態も把握したい人にはおすすめです!

発売日2016年10月01日計測項目体重・体脂肪率・BMI・推定骨量・筋肉量・筋質点数・内臓脂肪レベル
対応スマホiPhone/Android通信機能Bluetooth
体重表示kg計量範囲0〜180kg
体重計精度0〜100kg ±100g
100kgから180kg ±200g
体重計測単位0〜100kg 50g
100kg〜180kg 100g
タイプ健康維持・ダイエット・トレーニングアスリートモードあり
対象年齢6歳から体脂肪率・BMI・推定骨量・筋肉量データが計測可能!
※筋質点数・内臓脂肪レベルは18歳から測定可能
独自機能筋肉の質がわかる「筋肉点数」機能搭載
乗るだけ自動測定なし
※電源ボタンを押して計測する必要あり
登録人数4人+ゲストモード

RD908の計測精度が上がったもの。トレーニングをやり始めた人の入門機におすすめ!体内水分も計測したいなら上位モデルを選びましょう!

タニタ インナースキャンデュアル RD-909

RD-909はダイエットに重要な体内水分量がわかるのはモチロン、筋肉質なアスリートや、トレーニングをしている人に最適な「筋肉量+筋肉点数」判定機能を搭載!

発売日2018年10月01日計測項目体重・体脂肪率・BMI・推定骨量・筋肉量・筋質点数・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・体水分率
対応スマホiPhone/Android通信機能Bluetooth
体重表示kg計量範囲0〜180kg
体重計精度0〜100kg ±100g
100kgから180kg ±200g
体重計測単位0〜100kg 50g
100kg〜180kg 100g
タイプ健康維持・ダイエットトレーニングアスリートモードあり
対象年齢6歳から体脂肪率・BMI・推定骨量・筋肉量データが計測可能!
※筋質点数・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・体内水分率は18歳から測定可能
独自機能筋肉の質がわかる「筋肉点数」機能搭載
乗るだけ自動測定なし
※電源ボタンを押して計測する必要あり
登録人数4人+ゲストモード

本格的なトレーニングに取り組んでいる人やアスリートにおすすめ!計測精度や誤差も優秀で、トレーニー必須の一台です!

タニタ インナースキャンデュアル RD-800

RD-800は両手両足で計測することにより、部位別の様々な体組成データを測定可能!体をバランスよく鍛えたり衰えた筋肉を強化したり、脈拍数も計測できるので、健康管理からトレーニングまで役立ちます!MBA判定など本格的なトレーニングに取り組む人のための体重計です!

発売日2016年11月11日計測項目体重・部位体脂肪率・BMI・推定骨量・部位筋肉量・部位筋質点数・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・体水分率・MBA判定・脈拍数
対応スマホiPhone/Android通信機能Bluetooth
体重表示kg計量範囲0〜200kg
体重計精度0〜100kg ±100g
100kgから200kg ±200g
体重計測単位0〜100kg 50g
100kg〜200kg 100g
タイプ健康維持ダイエットトレーニングアスリートモードあり
対象年齢6歳から部位体脂肪率・BMI・推定骨量・部位筋肉量・脈拍数データが計測可能!
※部位筋質点数・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・体内水分率・MBA判定は18歳から測定可能
独自機能筋肉の質がわかる「筋肉点数」機能搭載
乗るだけ自動測定なし
※電源ボタンを押して計測する必要あり
登録人数4人+ゲストモード

タニタの技術を結集した身体全体を計測できるモデル!本格的なトレーニングに取り組んでいる人やアスリートはこれしかない!ダイエットにトレーニングを取り入れ、真剣に身体と向き合いたい人にもおすすめです!

体重計をスマホと連動するアプリ

スマホアプリ1
導入はいたって簡単!

お使いのスマホがiPhoneならApp Store、AndroidならGoogle Playからダウンロードしてインストール→体重計とスマホをペアリングすれば設定完了!
※最初に初期設定があるので、体重計のマニュアルなどを参考に設定しましょう。

Kanata
Kanata
今回紹介する各社のアプリは、名前こそ違うものの同様の機能が揃っています。

タニタ ヘルスプラネット

タニタの無料健康管理アプリ ヘルスプラネット

タニタの無料健康管理アプリ ヘルスプラネット

TANITA HEALTH LINK.INCposted withアプリーチ

ヘルスプラネット管理画面

ヘルスプラネット
〜出典:app storeより〜

アプリで管理できる体組成データ体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・筋質点数・推定骨量・内蔵脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢・体水分率

※体重体組成計でスマホ連動できるデータです。

表示できる項目が非常に多く、筋肉量や筋肉点数、体内水分率を確認できるのはすごい!体重など太っているのか標準なのか?などパッと見てすぐわかるようになっている。グラフも見やすく過去データとの比較もカンタン!

Withings(Nokia) Health Mate

Withings Health Mate

Withings Health Mate

Withings無料posted withアプリーチ

Health Mate管理画面

health mate
〜出典:Wishings公式サイトより〜
※参考画像は公式サイトからのため英語表記ですが、実際には日本語表記です。

アプリで管理できる体組成データ体重、体脂肪率、筋肉量(筋密度)、骨量、体内水分率、BMI

※体重体組成計でスマホ連動できるデータです。

体組成データの一覧性も良く、過去のデータをグラフで比較しやすい!

全てiPhoneとAndroidに対応しているので安心して選ぶことが出来ます!

まとめ

トレーニーは筋肉のパフォーマンスもしっかりと把握することで、トレーニングの質も上がります。

日々のトレーニングの成果がしっかり出ているのかキッチリと調べるには筋肉の質をチェックできるモデルが最適です。

筋質点数は、加齢による筋肉の衰えを確認したい人にも向いているので、健康管理も含めて失敗しないモデルです。

ダイエット+トレーニングをしている人は、「体内水分量」が計測できるものを選びましょう。

ダイエットは体重の増減で一喜一憂しやすいですから、なぜ増えたのか把握できる体内水分量を計測できるものが最適です。

  • 全身の項目を部位別に計測できるタニタのRD800は、トレーニーだけでなく全ての人におすすめ
  • 価格が高いのがネックなので、トレーニーでそこまでの機能を求めなければ、RD909 / RD908 / RD907で十分
  • ダイエット+トレーニングをしている人は、RD909 / Body+で十分
Kanata
Kanata
何を重視したいかでおすすめは変わるので、目的にあったものを選ぶようにすれば失敗しません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

トレーニングの成果を数値でもしっかり把握できると、モチベーションはより高まります。

ぜひこの記事を参考にしてみて下さいね!

それでは!

ABOUT ME
Kanata
Kanata
ダイエットを頑張り過ぎてリバウンドを繰り返している人に伝えたいこと。 成功させる秘訣は『頑張りすぎないこと!』です。 1人でも多くの人に伝えるべく、意味のある情報を発信していきます!